トリプルワークもしんどくない?!大学生トリプルワーカーの実態とは?

トリプルワーク バイト
スポンサーリンク
ちさと
ちさと

トリプルワークをしてお金を稼ぎたいけど、大学に通いながらトリプルワークをするのはしんどいのかな?遊ぶ時間とかも無くなりそう…。

ちさと
ちさと

トリプルワークしてる人はどんなスケジュールで動いてるんだろう?

生活費が足りない、もっと遊びたい、お洒落をしたいなど、お金が欲しい理由は人それぞれですよね。

そして、お金を沢山稼ぐためにトリプルワークを始めたいという人も多いのではないでしょうか。

私もお金をたくさん稼ぎつつ時間を有効活用するために、大学1年生の秋にトリプルワークを始めたうちの一人です。

それから大学3年生の現在まで同じバイト先で2年間、トリプルワークを継続しています。

また、一般的にトリプルワークをすると単位を落とすと言われていますが、私はトリプルワークが原因で単位を落としたことは一度もありません。

(大学へ行くのにバスを乗り間違えて、テストを受けれずに単位を落としたことならありますが笑)

今回は大学生トリプルワーカーの1日のスケジュールトリプルワークを無理なく続けられるコツなど、これからトリプルワークを始めようとしている大学生に向けて記事を書いていきたいと思います。

コツを掴めば、トリプルワークをしながら大学生活を充実させることも可能です。

しかし、いくつか注意点もあるのでその注意点もしっかり踏まえた上で、今後トリプルワークを始めるのかどうか検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

大学生トリプルワーカーの1日のスケジュール

ちなみに、私がしているバイトの種類は飲食店が2つカラオケ1つです。

主に飲食店は夕方〜夜の勤務カラオケは深夜の勤務というシフトにしています。

基本的に、どちらか一方の飲食店のみのシフト、またはどちらか一方の飲食店で働いた後にカラオケの夜勤へはしごするという感じです。

そして、私の勤務日数は大体週4〜5日です。

バイトの入ってない日は遊びに行ったり、1日中勉強したりして過ごしています。

もちろん旅行も行っています。それも月1ぐらいのペースです。

それでは早速、そんな充実した日々を送っている大学生トリプルワーカーの1日のスケジュールを見ていきましょう。

今回は2パターンに分けて解説します。

バイトをはしごしない日

9:00起床

9:30~16:00 学校や勉強、遊び等

17:00~0:00 バイト(飲食店)

0:00~2:30 自由時間

3:00 就寝

前日に夜勤があっても無くても、起床時間は大体9時です。

そしてバイトをはしごしない日の勤務時間はシフトによって多少左右されますが、7時間前後となっています。

バイトをはしごする日

9:00起床

9:30~16:00 学校や勉強、遊び等

17:00~23:00 バイト(飲食店)

0:00~3:30 バイト(カラオケ)

4:00 就寝

バイトをはしごする日の勤務時間は移動時間を除いて9時間半です。

ちなみに、夜勤は日によって朝5時半まで営業している日もあります。

その日の勤務時間は11時間半になり、就寝時間も朝6時頃になりますが11時までには起床するようにしています。

飲食店2つのバイトを合わせて週4〜5日、そのうち2日をカラオケ(夜勤)のバイトとはしごというシフトの組み方をしています。

1日の平均勤務時間は9時間前後です。

トリプルワークを無理なく続けるコツ

このような生活を2年間継続している私ですが、身体を壊さずに無理なく続けられているのにはちょっとしたコツがあります。

バイト先の1つは楽なバイトを選ぶ

まず1つ目は、バイト先の1つは楽なバイトを選ぶということです。

私の場合、これはカラオケにあたります。

その地域や料金による客層の違いはありますが、カラオケの夜勤は正直言って楽です。

深夜帯はお客様が少ないうえに、飲み放題じゃない限りオーダーがほとんど出ないので本当にすることがありません。

また、バックヤードや事務所で座って休憩することも可能です。

酔っ払ったお客様の片付けが大変な時もありますが、身体的疲労はほとんどないです。

ちなみにカラオケバイト以外ですと、コンビニバイトが楽です。

身体的疲労の多いハードなバイトの後でも次に働くのが少し楽なバイトであれば、はしごする時のモチベーションも保つことができます。

また1つのバイトを長時間続けるよりも、2つのバイトをはしごした方が気分転換になって精神的にも楽ですよね。

夜勤は週2回までにしておく

健康体でいるためにも、夜勤は週2回までにとどめておくことをオススメします。

トリプルワークを長期的に続けたいのであればなおさらです。

というのも、私は超がつくほどの健康体で身体を壊すことはほとんどありません。

しかし、人手が足りなかったために通常のバイトに加えて、夜勤も週4で入っていた時期は流石に身体を壊しそうになりました。

「あ、この生活を続けたらしんどいな…。」と。

身体を壊すまでには至らずとも、週3以上夜勤に入ると集中力の低下や倦怠感が目に見えて現れるので、夜勤は余裕を持って週2回までにしています。

やはり普段人間が寝ている時間に働くというのは、どんなに仕事内容が楽であっても健康を害していることに変わりはないと感じました。

トリプルワークをする時の注意点

上記でトリプルワークを継続するためのコツをご紹介しましたが、トリプルワークをするにあたって注意点もいくつかあります。

人手が足りなくなると10連勤以上になることも

私は基本、週4〜5日の勤務になるようにシフトを調節していますが、2つのバイト先で人手が足りない時期が重なると何連勤もしなければいけない状況になります。

「その日はシフトに入れません」

と断ればそれで大丈夫なのですが、私はいつもお世話になっているバイト先が困っていると考えるとついつい「入れます!」と言って最高13連勤もしてしまった時がありました…。

責任感が強い人は要注意ですね。

103万の壁、130万の壁を理解しておく

103万を超えると所得税を払わなければいけなくなります。

学生は学生勤労控除を使えば130万までは税金控除になりますが、どちらにしろ103万を超えると親の扶養からは外れてしまうので、親の納税額が増えます。

また、130万を超えると国民健康保険にも自分で加入しなければならなくなるので、いくらまで稼ぐのが一番いいのか、親とも相談してみてください。

一般的に言われているのは、「130万以上稼ぐのであれば150万は超えないと得しない。」ということです。

150万まで稼ぐことが無理そうならば130万までに押さえておくのも一つの手です。

学生の本業はあくまでも学業

「バイトにのめり込みすぎて1年間に150万稼いだけれど、単位を落として留年、授業料に100万かかりました。」

という状況は笑えません。

時間もお金も無駄にしています。

また、“単位はギリギリ取れて卒業もできるけれど大学生活の中でバイトと大学で必要な授業の勉強以外に何かしたっけ…?”

という状態もとても勿体無いです。

資格の勉強や社会勉強、また様々な経験を積むことによって、それが結果的に生涯年収を上げることにも繋がります。

バイトにのめり込んで目先の利益を稼ぐことに必死になるよりも、視野を広くして生涯稼げるお金を増やすために努力しましょう。

ちなみに私は、バイトで貯めたお金で留学へ行きました。

トリプルワークで時間の有効活用も可能に

冒頭でも書きましたが、私は元々時間を有効活用しつつお金をたくさん稼ぎたいと思ったのがトリプルワークを始めたきっかけでした。

というのも、深夜の時間帯に意味もなく携帯をいじっていしまう時間が多かったので、”この時間働いてた方が効率的じゃない…?”と感じるようになったからです。

(いくら暇で眠くないからと言っても私は深夜に勉強する気分にはならないので、深夜に勉強!という選択にはなりませんでした。)

1日に少し働く時間を増やすだけで、週5〜6日バイトしなければもらえなかった給料が週4〜5日バイトすれば手に入る

これは大きいです。

丸1日自由な時間が取れる日が増えれば、できることも変わってくるからです。

またバイトに予定を合わせるのではなく、自分の予定に合わせてシフトを入れることも可能になります。

1つのバイト先だけだとシフトを入れるために無理に時間をさいたり、予定を空けておいたのに結局入れなかった!ということも珍しくありません。

しかしいくつかの選択肢を持っていれば、自分の好きな時間に入れそうなバイト先にシフトを提出すればいいですし、希望したシフトに入れなかった!という時でも別のバイト先では人手が足りずに募集しているかもしれません。

バイト先の特性を活かしてうまく活用することで、1つのバイト先に絞っていた時よりもトリプルワークを始めた方が時間の有効活用ができる可能性があります。

まとめ

このように、大学に通いながらでもトリプルワークをすることは可能です。

コツを掴み、いくつかの注意点に気をつければ、バイトを1つだけに絞っていた時よりも無理なくお金を稼ぎつつ時間を有効活用することができます。

実際、私はトリプルワークを2年間継続していてしんどいと思ったことはほとんどありません。

またトリプルワークをしながら遊べるのか、学業に専念することができるのかは人それぞれです。

私はトリプルワークをしながら月の半分以上遊んでいる月もありますし、資格の勉強もしています。要はその人のやる気次第です。

なぜトリプルワークをするのか、バイトにのめり込みすぎて本来の目的を見失わないように気をつけましょう。

お金が必要な理由は人それぞれだと思いますが、自分の体と相談しつつ無理なくトリプルワークを続けて、大学生活も充実させてくださいね。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました